意外と知らない探偵の仕事

探偵の仕事は普通の一般的な仕事とまったく異なる秘匿性の高い、独特な仕事です。
普通の仕事と違い独自の機器を使いこなしたり、尾行などをしてターゲットの詳細をさぐることができる独自の技術をもつ探偵たちの仕事はプロフェッショナルならではのものです。

その探偵の仕事のほとんどの部分を占めるもの調査業務です。
調査業務とはクライアントからの依頼内容に基づき、聞き込み調査やターゲットの行動を監視するための尾行や張り込みなどの手段を用います。
このように依頼に対して情報を収集する仕事を調査業務と呼びます。

この調査業務が主な探偵の仕事になるのですが、最近では探偵業界もハイテク機器が発達し、尾行をするのにも最新の小型GPSを使い、ターゲットの位置を特定することもあるようです。
また、小型カメラや暗視カメラを使っての証拠採取も探偵の仕事です。
ペン型カメラなどを使って実際にターゲットがどういった行動をしているのかを依頼主に報告することもあります。
こういった調査業務は昼夜問わずターゲットにあわせて行動するので、ターゲットによっては24時間調査のためにずっと張り付いていることもあるので、探偵の行う仕事はかなりハードな内容となっています。