興信所と探偵の違い、調査内容や料金など何が違う?

興信所のことを調べていると、気になりだすのが探偵との違い。
同じ調査を生業としているようなのに、どうして名前が2つもあるんだろう?と考える人がいるかもしれません。

興信所と探偵の歴史をひも解くと、興信所は当初、企業の調査をすることを目的に設立され、探偵は、個人にかかわる調査、つまり浮気調査や人探しなど、今では一般的になった調査業全般が扱う調査を行うことを目的として設立されました。

調査手法は、企業相手の調査をメインとしていた興信所は、探偵のように秘密裏に行う調査よりも、聞き取り調査での情報取集が主な手法と言われています

しかし探偵は、個人にかかわる依頼がメインであり、何より探偵を立ち上げた人物が警察出身者であったため、警察の捜査手法である尾行調査等、聞き取りとは違う調査方法を用いた調査業だったといわれています。

しかし現在では、設立当初のような調査手法の差は興信所と探偵の間にはありません。

また、取り扱っている調査に関しても、興信所だから企業調査しかしない、探偵だから浮気調査など調査手法の限られた調査しか扱っていないわけではありません

依頼する先によりますが、どちらであっても、浮気調査や人探し、企業調査など一通りの探偵調査を扱っていることが多いようです。

探偵業法でも定められているように、興信所も探偵も同じ調査業です。
探偵業の届出を行う際に、名称を「興信所」とするか、それとも「探偵」とするかの違いがあるぐらいです。

そのため、興信所と探偵という呼び名で依頼先を選ぶよりも、依頼を考えている調査が依頼を考えている興信所や探偵の得意な調査であるかどうかを確かめて依頼することが大切です。